このサイトは、結婚式のマナーに関するサイトです。結婚式 マナーの参考にして下さい。

結婚式 マナー

 祝結婚式のマナーや常識、あなたはご存知ですか?結婚式に招待された・・・・でも、結婚式ってどういうマナーがあるのかわからない!こんな人も多いのではないでしょうか。このサイトでは、結婚式のマナーについて解説しています。

結婚式のマナー・・・大丈夫ですか?

 あなたは結婚式に招待されたお客様でしょうか?それとも、これから結婚式を挙げる新郎新婦なのでしょうか?結婚式には結婚式のマナーがあります。しかし、結婚式は普段からそう頻繁に行われるものではありません。したがって、結婚式のマナーについて、色々と不安な人も多いのではないでしょうか?
 かくいう私も、結婚式にお呼ばれしたことも10回に満たないほどです。したがって、他人の結婚式に招待されるたびに「えーと、あれはどうだったかな・・・?」などと困ってしまうことがたくさんあります。また、私自身結婚式を挙げましたが、そのときも(幸いにも一回目であり、今も継続中です。)結婚式を挙げる新郎新婦としての、結婚式マナーがわからず、とまどいを覚えたものです。このサイトでは、招待客としての結婚式マナーについてまとめてみました。
 なお、新郎新婦のお二人が注意すべきマナー、基本などに関しては、「結婚式アドバイス〜結婚式準備もOK!〜」をご覧下さい。
 これから結婚式を挙げられるお二人の、そして結婚式に招待されたあなたの参考になれば幸いです。
結婚式 服装はこちら

結婚式のマナーについて

結婚式には多くの人、色んな立場の人がやってきます。年齢も立場も性別も異なれば、それぞれの歩んできた人生によって考え方も立ち振る舞いもある程度異なってきます。これは仕方のないことですが、そうやって色んな立場の人や、誰にとっても失礼にならないように、と定められているものがマナーであり、作法であるわけです。最低限、これだけは押さえておけば失礼にはならない、という社会通念上のきまりみたいなもの。
親しき仲にも礼儀あり、といいます。気心の知れた友人達だけで行うパーティーであれば、多少の無礼講は許されるでしょう。しかし、結婚式には親族、兄弟なども多くやってきます。何よりも、主催者である彼らと、新郎新婦が主役であるわけですから、出席者がはしゃぎすぎて礼を欠くようなことだけは避けたいものです。結婚式のマナーも、そこまで堅苦しいものではありません。むしろ、どちらからといえば常識的なものばかりです。とはいえ、祝儀袋の書き方や、招待状の返信の仕方など、こういったマナーに関しては普段から接しているわけではありませんので、どうしても知識不足となってしまうのは否めません。披露宴当日はあくまでも常識的な振る舞いをしていたら、やれテーブルマナーがどうだ、とか、ナイフとフォークの使い方がどうだ、などという人は(ほとんど)いません。しかし、あまりにも恥ずかしい行いをしてしまえば、当日は新郎新婦の顔にも泥を塗ることになります。
 社会人として、あくまでも常識的な振る舞いを心がけたいものです。

結婚式のマナー

結婚式のマナー、最低限これだけは

さて、このサイトでは最低限これだけ押さえておけば大丈夫、ということをとりあげています。たとえば、招待状を受け取ったら、どうやって返信するのが良いのか?また、返信の書き方は、欠席する場合は?といったもの。さらに、結婚式の服装に関して、結婚祝いのマナーとは?祝儀袋の書き方ってマナーがあるのか?などです。余興、スピーチの依頼を受けた際の注意点についても書いています。
 あとは、披露宴での最低限のマナーとして、テーブルマナーと(本当はこれが多少違っていても、そんなに恥をかくことはないです。よっぽど高級でフォーマルさが求められる結婚式なら別でしょうが)披露宴全体の流れ、当日の受付でのマナーなどを説明しています。

結婚式のマナーで大失敗?・・・普通は大丈夫・・・。

結婚式のマナーといっても、たとえば皇族の結婚式に招待されるわけではありませんよね?であれば、大酒を飲んで大騒ぎをした、とか、両親に酒をすすめまくったとか、暴れたとか、誰かのスピーチの最中に大声で叫んだとか、大きな声で話していたとか、よっぽどムチャクチャでなければ大丈夫です。
 まず、普通にしていれば問題ありません。
結婚式のマナーといっても、実はほとんど社会人としての常識があれば大丈夫なことばかりですので、安心してください。
それでは、早速結婚式のマナーについて、みてゆきましょう。

     
結婚式 マナー  All Rights Reserved. 2013

結婚式 マナーTOPサイトマップサイト説明相互リンクリンクの注意