このサイトは、結婚式のマナーに関するサイトです。結婚式 マナーの参考にして下さい。

結婚式 マナー

 祝結婚式のマナーや常識、あなたはご存知ですか?結婚式に招待された・・・・でも、結婚式ってどういうマナーがあるのかわからない!こんな人も多いのではないでしょうか。このサイトでは、結婚式のマナーについて解説しています。


結婚式 服装のマナー

男性の服装

新郎新婦の友人、知人、上司、親族などといった場合、結婚式の服装は一体どのようなものにするべきなのでしょうか?普通、参列者の装いは、披露宴の格式、新郎新婦とどういった間柄なのか、ということで、変わってきます。したがって、ここではそれぞれのケースごとに見てゆきたいと思います。

男性の参列者 服装
(新郎新婦の友人、知人といったケース)

ブラックスーツにシルバータイが定番です。シャツは白以外にもカラーのドレスシャツや、色物のネクタイを身につけてもかまいません。特に、若い人にはこういったスタイルをよくみかけます。一般招待客の場合、ダークスーツ、ディレクターズスーツも人気があります。

(新郎新婦の上司といったケース)

あなたがもし、スピーチを頼まれた直属の上司だ、という場合はブラックスーツの準礼装にしておきましょう。それ以外ならダークスーツで問題ありません。また、あなたが社長、部長クラスであり、しかも当日は主賓として出席するのであれば、正装でゆきましょう。

礼装について

どういった服装が正礼装で、準礼装で、略礼装なのか、ということをあなたは知っているでしょうか?と、いうのは、結婚式や披露宴、招待された立場、時間帯などにより、いろいろ礼装を使い分けする必要があるからです。ここで、礼装に関する基本的なことを紹介してゆきたいと思います。まずは、男性の礼装に関してです。

※ ただし、日本の場合ほとんどの男性招待客はブラックスーツです。友人、知人として招待されるのであれば、あまり正礼装、準礼装、などにこだわらなくてもよいかもしれません。

男性 正礼装 和装の場合

正礼装は五つ紋付羽織袴。羽織と羽織下の着物は黒の無地です。家紋の入れ方で格が高いとされるのは「染め抜き」といわれる地色に白く染め抜いた紋です。白い扇子をもち、鼻緒が白で畳表の草履が和装の正礼装ということになります。

男性 正礼装 洋装の場合
昼〜午後六時 午後六時以降

・モーニングコート
シャツはレギュラーカラーまたはウイングカラー、ダブル(フレンチ)カフス。 ズボンは黒とグレーの縞か、白と黒のストライプ。ネクタイはシルバーグレイのフォーインハンドタイかアスコットタイ。靴は黒の革靴、黒の靴下などを着用。

・フロックコート
午後六時ごろまでの男性の正礼装。立襟シャツ、アスコットタイと合わせる。上着の丈が長いのが特徴。ベスト、シャツ、スラックス。

・テイルコート(燕尾服)
通常は夜間の正礼装とされているが、昼間に着用しても可。詳細は左の項目で。

・テイルコート(燕尾服)
ウエストコート(ベスト)、側章は2本のズボン着用。白の蝶ネクタイ、手袋。サスペンダーは白を着用。ベルト不可。胸元には礼装用のポケットチーフ(三つ山ができるスリーピークでたたんで)靴は黒のエナメルパンプスを。

男性 準礼装 洋装の場合
昼〜午後六時 午後六時以降

・ディレクターズスーツ
背広型の黒の上衣に、モーニングコートと同じズボン、ベストを着用。(グレー、黒のストライプ、白の千鳥格子など)

・ブラックスーツ(黒無地スーツの総称)
黒の上下の背広。白ネクタイなどを着用。シングルスーツの場合、ベスト着用。シャツ、ネクタイともに、色つきのものを選ぶのも可。

ともに、シャツは白、靴は黒のひも付き革靴。胸元にはポケットチーフをスリーピークで。

・タキシード
シャツは白のウイングカラー、立襟シャツ。ネクタイは黒無地の蝶ネクタイ。胸元には白のポケットチーフをスリーピークで。靴は黒の皮製、またはエナメルの紐なしを着用。

男性 略礼装 洋装の場合
昼、夜共通

・ブラックスーツ
黒の上下の背広。白ネクタイなどを着用。シングルスーツの場合、ベスト着用。

・ダークスーツ
チャコールグレイや紺の上質な生地のもの。スリーピースが望ましい。ズボンの裾はシングル。共地のベストの代わりにグレイ系のベストを着用しても可。慶事の場合、ネクタイはシルバーグレイ系が正式。結婚式によっては明るい色のネクタイをしても可能。

     
結婚式 マナー  All Rights Reserved. 2013

結婚式 マナーTOPサイトマップサイト説明相互リンクリンクの注意