このサイトは、結婚式のマナーに関するサイトです。結婚式 マナーの参考にして下さい。

結婚式 マナー

 祝結婚式のマナーや常識、あなたはご存知ですか?結婚式に招待された・・・・でも、結婚式ってどういうマナーがあるのかわからない!こんな人も多いのではないでしょうか。このサイトでは、結婚式のマナーについて解説しています。


結婚祝いのマナー

ご祝儀袋 書き方

左を見てください。これが、通常2〜3万円くらいまでの一般的な結婚祝いをいれる結びきりの水引です。金額が2〜3万円であまり高くないのであれば、飾りの少ない、シンプルなデザインのものを選びましょう。表書きには「寿」もしくは、「御結婚御祝」にします。なぜ「御結婚祝」としないのかは、文字数で、四文字にしたくないからです。下には名前を書きましょう。
通常、どれくらいのお金を包むのかによって、使用するべきのし袋も変わってきます。

結婚祝、お金について

上で挙げたのはシンプルな水引で、2〜3万円くらいという、一般的な価格のお祝い金を包む際に使用したものです。これが、5万円〜10万円という金額になったら、さらに豪華な水引細工にしましょう。松竹梅、鶴、亀など、豪華にあしらったものを使用するとよいでしょう。ちなみに、右にあげているのは小さくてわかりにくいですが、つるをあしらったものを使用しています。(右参照)

 最近では、安価にのし袋が販売されています。色つきなど、カラフルな祝儀袋もイパンに販売されており、それらを利用してもよいでしょう。しかし、カジュアルな結婚式で使用するにとどめ、厳粛さが必要となる場では、紅白、白などのものを使用するほうが無難です。

     
結婚式 マナー  All Rights Reserved. 2013

結婚式 マナーTOPサイトマップサイト説明相互リンクリンクの注意